【20・30・40代向け】男性ミニマリストの持つべき服とは!?

ファッション
Free-PhotosによるPixabayからの画像

ユニクロやH&Mといったファストファッションの台頭により、飽食ならぬ飽衣の時代に突入している現代。最初の頃は溢れんばかりの廉価な服をむさぼっていた世の男性たちの中にも、その速すぎるサイクルに疲れる者が現れはじめました。そう、ミニマリストです。

少数先鋭の服で、常にカッコよくシンプルでありたい!!でもどんな服を選んだらいいか迷っている!!

今回は男盛りの20・30・40代の男性に向けて、私の独断で考えるミニマリストの持つべきシンプルでカッコいい服をご紹介します!ぜひ自身の【制服】選びの参考にしてください。なお、自分のスタイルに強いこだわりがある方は見る必要はないでしょう。

男性ミニマリストの服装 暑い時期

Photo by Huseyin OZBEKAR on Unsplash

トップス:

黒の半袖クルーネックTシャツ

ネイビーの半袖クルーネックTシャツ

白の長袖リネンシャツ

ボトムス:

黒のトラウザーズ

ネイビーのトラウザーズ

Tシャツの色に黒とネイビーを選んだのは、濃い色ほど男性をカッコよく見せてくれるからです。本記事は20・30・40代向けなので、カッコよさを重視しています。濃い色は人間の目の構造上引き締め効果を持っており、体をキリッとした印象に見せてくれます。もちろんある程度の筋肉はあったほうが良いでしょう。

着回しのことを考えれば白Tも選択肢に入りそうですが、乳首がすけたり下着がすけたりと問題が多いので私は除外しています。

白の長袖リネンシャツは、少しだけちゃんとした格好が必要な時用、もしく長袖がいい時用のアイテムです。シャツにおいては白を選択するのが良いでしょう。濃い色のシャツは、シャツ自体がドレスアイテムなだけあって、カッコつけすぎ尖りすぎな印象を持たれることがあります。ミニマリストの場合ボトムス数も少ないですから、濃いシャツを着こなせるのはファッション上級者だけでしょう。素材がリネンなのは完全に私の好みです(笑)。コットンや化学繊維でも良いですが、ただリネンはあらゆる素材の中で吸湿性・速乾性がともにずば抜けているので迷ったらかなりおすすめです!

ボトムスは濃い色で揃えました。濃い色は先ほど言ったように引き締め効果があり、また細く見えることによって足長効果も期待できるのでおすすめです。

「トラウザーズ」とは、本記事ではセンタープレスの入ったきれいめのパンツのことを指すこととします。スーツのパンツのようにビシッとしたパンツである必要はありません。楽にはける、例えばユニクロの「イージーアンクルパンツ」などがおすすめ。リネンや化学繊維など、暑い時期でもさらっとはけて見た目も爽やかな素材を選びましょう

男性ミニマリストの服装 寒い時期

Free-PhotosによるPixabayからの画像

トップス:

黒のクルーネックセーター

黒orワインのタートルネックセーター

黒のウールジャケット

ボトムス:

黒のウールトラウザーズ

白orオフホワイトのトラウザーズ

ダークネイビーのジーンズ

防寒:

黒のロングコート

黒のマフラー

トップスは黒ばかりですね(笑)。やはり着こなしの面で黒より優れている色はありません。あらゆる色と合わせられますから。タートルネックセーターはワインやネイビーなんかでも良いと思っています。上品だし着回しもできますからね!

インナーがセーターなのは、大人の男性らしさが出るからです。20・30・40代の男性向けの服ということで、長袖のカットソー(Tシャツ)だと少し子供っぽすぎる気がします。

ジャケットは、スーツのジャケットのことではありません。仕事用ではないので、カジュアルめのサラッと着られるジャケットを選びましょう。パッチポケット(ポケットが外から張り付けられているタイプ)でもカジュアル感が出て良いですね!

黒のトラウザーズは定番。寒い時期用なので、厚くて暖かいウール100%・ウール混のものが良いでしょう。

白系のパンツを冬にあえて履くことは、うまくいけばかなりおしゃれに見えます。ウィンターホワイトというやつです。今回の提案例で行けば、上半身には必ず黒かワインがきますので、何も考えなくともメリハリのあるかっこいいコーデになります。ワインと黒の組み合わせはとてもクールで、ワインと白系の組み合わせはとても上品です。

ジーンズは定番ですね。あって困ることはありませんし、着こなしも簡単です。「ダーク(濃い)」ネイビーにしたのは、薄い青だとカジュアルすぎるからです。家、近所、友達と会う時のような、カジュアルな場でしか履けません。それ自体は良いアイテムだとは思いますが、ミニマリストにとっては少し使い勝手が悪いと言えるでしょう。

コートは絶対にロングが良いでしょう。なぜなら、ロングコートはカジュアルコーデでもきれいめコーデでも仕事用のドレッシーコーデでも、完璧に似合うからです。短い丈のコートでは、基本カジュアルコーデでしか似合いません

また、半端な丈のコートもやめておきましょう。20・30・40代の男性が半端な丈だと、「ファッションを何も考えていないサラリーマン」のように見えてしまいかねません。電車の中で会社員の方たちの服装を見てみてください。多くの方のコートは長くもなく短くもない半端な丈です。

ファッションでは「メリハリ」が大切。ぜひ膝丈かそれを超えるくらいの長い丈にしてみましょう。

また、素材はウールがおすすめです。簡単にスマートな着こなしができます。コットンや化学繊維だと、よりカジュアルな分、かっこよく着こなすにはファッション力が必要です。

マフラーも、一個だけ持っておくとしたら間違いなく黒です。全てのアイテムと合います。

男性ミニマリストの服装 その他

Free-PhotosによるPixabayからの画像

黒のスーツ

ネイビーのスーツ

黒のストレートチップの革靴

黒or白のスニーカー

黒の靴下

たとえミニマリストでも、男性にとってスーツは必須です。黒のスーツは冠婚葬祭などのかっちりした場面で、ネイビーのスーツは仕事などのそこそこかっちりした場面で着用しましょう。この二つを持っていれば、スーツに困ることはもうありません。布地の厚さは、暑い時期でも着られるよう、薄手のものが良いでしょう。日本の冬は基本さほど寒くないので、コートやインナーでどうとでもできます。電車の中めっちゃ暑いですしね(笑)。

一般的に、スーツにはライトグレー、ダークグレー、ネイビーの3種類がありますが、なぜネイビーなのか。それは、グレーのスーツはカッコよく着るのが非常に難しいからです。グレーはあまりにも地味、グレースーツを着る男性はとても多いですが、カッコよく着こなせている男性はほぼ0に近いと言ってもいいくらいです。渋い老人くらいしか似合わないと言っても過言ではないでしょう。

特に20・30・40代の活発な男性は、間違いなくネイビースーツを選ぶべきです。ネイビーは簡単に着こなせる上、男性をカッコよくスマートに見せてくれる色なのです。サイズはもちろんジャストサイズで。袖はシャツより長くてはいけませんし、パンツの裾も靴の上に乗るか乗らないくらいにしましょう。これらが長すぎると、あっという間にダサいおじさんの完成です

靴に関しては、普段使いのスニーカーとかっちり用の革靴二つで十分です。色はともにコーデを組みやすい黒。

スニーカーは白でも爽やかで良いですね。着回し(履き回し?)も良いです。革靴は、あらゆる場面で着用可能なストレートチップがおすすめ。最もベーシックな形です。近頃はスニーカーのような履き心地の革靴も多く出ています。それらを選べば楽でいいですよ!

靴下も黒が良いです。靴下だけ色を入れて差し色として楽しむこともできますが、大学生などの若者がやっているイメージが強い。20・30・40代の男性がやると狙い過ぎ感が出てしまいます。やるなら濃い色(ワインやブラウン等)で楽しみましょう!

まとめ

20・30・40代の男性ミニマリストが持つべき服を紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか!もうお気づきだと思いますが、色はほぼ黒、ネイビー、白のみです。最も着こなしやすく、シンプルな三色ですね。手持ちの服をこの三色で統一しておけば、何も考えずともシンプルでカッコいいコーデを組むことができます。もっと色を入れたい場合は、時計やブレスレットなどの小物で入れるとおしゃれです!

また、ミニマリストは春や秋用の服を買う必要はありません。暑い時期用の服と寒い時期用の服をミックスすれば、十分快適に過ごせますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました