【白Tは待った】Tシャツの色は黒かネイビーがおすすめだ!

ファッション
Photo by Luis Quintero on Unsplash

「Tシャツを買おうと思っているけど、いったい何色がいいんだろう…。」

そんな悩みを持っているあなたには、断然黒かネイビーのTシャツをおすすめします!一見地味な色と思うかもしれませんが、この二つの色のTシャツこそ、あらゆる色のTシャツの中で飛び抜けて優秀だと私は思うのです。

それでは、その理由を以下で説明していきます!

おすすめ理由1 あらゆるシチュエーションで着られる

色というのは、目立つ色であるほど着るシチュエーションを選びます

例えば黄色、赤色、緑色…。これらの色のTシャツは、ある程度以上かっちりした場所で着るにはあまりに子供っぽすぎます。せいぜい家、その近所、同年代の友達といる時くらいしか着る機会はないでしょう。

対して黒、ネイビーはどうでしょうか?それらのTシャツはジャケットの下に着ていたってバッチリ合い、そのままパーティーにだって行けます。家から合コン、パーティーに至るまで、黒とネイビーのTシャツが着られないシチュエーションなどほぼ存在しないのです

Photo by LinkedIn Sales Navigator on Unsplash

服装既定の緩い例えばIT関連の企業などでは、もはやTシャツで出社するのは当たり前になっている時代。そして上記の理由から、彼らのTシャツは、大半が黒色、ネイビーもしくは白色なのです。

おすすめ理由2 あらゆる色と合う

ファッション関連において、「モノトーン+1色」という言葉をよく目にしませんか?

ファッション初心者は黒、グレー、白それと何か1色の色でコーディネイトすべし!、ということですが、それはつまりモノトーン色はあらゆる色と相性がいい、ということを表しています。

なぜならモノトーン色=「彩度」がゼロの色だからです。

彩度がゼロのため、どのような彩度の色が来ても、彩度同士が喧嘩することがありません。

今あなたが持っているお気に入りの服やズボンを思い浮かべてみてください。黒と紺のTシャツは、そのどのアイテムとも組み合わせることができますよ!

ん??紺はモノトーンじゃないじゃないか!!と思ったあなた。その通りです。

しかし、濃いネイビーは明度・彩度共に非常に黒に近い存在です。なので、黒のようにほぼどの色とも相性が良いのです。(明度=明るさ・彩度=鮮やかさ)

例えば、夏に黒Tシャツは嫌だ、少し色が欲しい、などと思う場合は、ネイビーのTシャツが活躍します。

ただし、多少彩度があるせいか、同色の組み合わせ、つまりネイビー+ネイビーは注意が必要(上がネイビーのTシャツ、下がインディゴ・ネイビーのジーンズなど…)。時に30代以上の場合は、何も考えていないもさい人のように見えてしまう可能性があるので注意しましょう。なるべく他の色と組み合わせることをおすすめします!

理由3 着る人をカッコよく見せてくれる

もう聞いたことがあるかもしれません。明度が高い服は膨張色、低い色は収縮色。簡単に言うと明るい色は実際よりも大きく見え、暗い色は実際よりも小さく見えるのです。

そう、黒やネイビーのTシャツは、体を実際よりも引き締めて見せてくれるということです!

これは男性にも女性にも嬉しい効果ですよね!色の印象的に芯のある印象を与え、体を鍛えている場合は盛り上がった筋肉がより目立つ、という利点もあります。これはもう着るしかない!

なぜ白Tシャツをおすすめしないのか

白Tシャツは…

○乳首、もしくは下着が透けて見える

○うまく着こなさないと白Tシャツ自体が下着のように見える

○頻繁に洗濯しないと黄ばむ

○汚れがとても目立つ

○着ている人が多い

白Tシャツは確かに、黒やネイビーのTシャツと同じように、あらゆる色と合う万能アイテムです。

しかし、上に箇条書きにしたような理由から、私は白Tシャツをおすすめはできません

それでも着たいんだ!という場合は、生地が厚く、胸ポケットもしくは若干のイラストがある白シャツが良いでしょう。それならば、乳首や下着が透けることも、下着に見られることもありません。

まとめ まずは黒かネイビーのTシャツを買おう!

ここまで読んでいただいてありがとうございます!黒とネイビーのTシャツの素晴らしさが伝わったでしょうか!

ちなみに黒とネイビーどちらかといえば、私はまず黒Tシャツをおすすめします。他の色との相性も引き締め効果も、黒Tシャツの方が優れていますから。真夏は流石にネイビーを着ることも多いですけどね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました