【白はNG】ワイシャツのインナーの色はベージュ&ネイビー!そしてVネック以外はあり得ない理由

シャツ

【「ワイシャツ」=「ホワイトシャツ」】

スーツ発祥の地イギリスにおいては、日本で言うワイシャツが下着、ジャケットが1枚目の服、という文化。伝統的なイギリススタイルでは、人前でジャケットを脱ぎません。それゆえ、乳首が透けるだのインナーが透けるだのと言った問題とは無縁でした。

しかし、日本は暑い!!ジャケットなんて着てらんねぇ!!でもジャケット脱いだら乳首が透けちゃった…。それ防ごうとインナーを着たら、今度はインナーが透けるんだけど…。

そんな問題に頭を悩ませる人は非常に多いです。

そこで今回は、ワイシャツのインナーに最適な色と形を紹介します。結論から言えば、1.にベージュ2.にネイビーです。その理由を見ていきましょう!

1.なぜワイシャツのインナーはベージュとネイビーが○なのか

白のインナー

ワイシャツが白いんだから、白のインナーが一番透けないはず!それが昔の常識でした。

しかし、白のインナーを着てみてわかるように、白インナーめっちゃ透ける!!

実は、注目すべきはワイシャツの色ではなく肌の色。インナーは肌の色に近いほど透けにくいのです。

ベージュのインナー

そもそも、ワイシャツから透けているのは肌の色です。外からの光がワイシャツをすり抜けて肌に当たり、肌から跳ね返った光が我々の目に見えています。それならば肌と同じ光の反射をするインナー、つまり日本人の肌色=ベージュのインナーを着ると、インナーから跳ね返った光が肌から跳ね返った光と同化して、その境目を分かりにくくするのです。

実を言うと、多くの日本人の肌はベージュよりも若干血色があります。つまりベージュよりもちょっとだけ赤みがかっている方がより肌の色と同化できるのですが、残念ながら一般的に売られているのはブラック、ネイビー、グレー、ホワイト、ベージュの5色のみ。その中で最も日本人の肌の色に近いのがベージュなので、本記事ではベージュをおすすめしています。

ネイビーのインナー

ではネイビーはなんなのか?これはベージュのインナーはダサくて着たくない!!という方のための案です。

時には人前で服を脱ぐ時もあります。ワイシャツを脱いだ時ベージュのインナーを着てたらちょっとカッコ悪い、そんなことを思う場合もあるでしょう。私は気にしませんが(笑)。

そんなあなたにはネイビーのインナーをおすすめします!

基本的に、服は濃い色ほど引き締まってかっこよく見えます。また、濃い色は光の反射が少ないため透けが目立ちづらい、つまりブラックかネイビー。そしてインナーは肌の色に近いほど透けにくいので、ブラックよりもネイビー。また、ネイビーは青系統の色であるため、清潔感があります。まさにインナーにピッタリ!

しかしベージュよりは透けるので、そこが少し短所ですね。

2.ワイシャツのインナーの形はVネック以外にあり得ない

Vネックインナー

インナーのネックの形には、通常、クルーネック(丸首)、Vネック、Uネックの三種類がありますが、インナーのネックの形はVネック以外にあり得ないと私は思っています。

服装のコンフォート化(=快適化)が加速する現代、皆ネクタイの存在に疑問を持ち始めています。実用性0の紐を首に括り付けているわけですからね。

いまやネクタイのいらない職場は当たりまえ。そしてネクタイを外した時は、野暮ったさを避けるためボタンを1.2個外すことになるでしょう。

そんな時インナーが首から覗いたらどうですか?非常にカッコ悪いですね。なのでクルーネックはありえない

またUネック(首の周りがU時に広く開いたデザイン)は、ワイシャツの隙間から見えなくて便利ですが、殆どがレディースでメンズにはほぼ存在しない事、また、ちょっとでも透けると非常にカッコ悪い事から除外します。

以上の理由から、ワイシャツの隙間から見えないVネックのインナーがベストというわけです!

3.リブ切りっぱなしのインナーを選ぼう

リブとは、首部分や袖の先にある折り返しのこと。布がほつれることを避けるために、二重に折り返してある部分です。

基本的なインナーにはこのリブがついているのですが、布が分厚くなることによってその部分だけ光の反射が変化、リブだけはっきりと透けてしまいます

このリブがないモデル、いわゆる「切りっぱなし」と呼ばれる製法で作られたモデルを選びましょう。ユニクロなどでも普通に売っていますよ!

上の写真が「切りっぱなし」。特殊な製法で作られるので、ほつれることはありません。

4.白以外の色の(ワイ)シャツを着たら?

【最初に言った通り、ワイシャツとはホワイトシャツのことなので本来色付きシャツは「ワイ」シャツとは呼びません。「ドレスシャツ」などと呼びます。】

どんなに肌色に近いベージュのインナーを着ても、どうしてもほんのりとは透けてしまいます。肌とは光の反射の仕方が若干違うからです。

環境が許すのなら、いっそ諦めて色付きのシャツを着てしまう、というのも手です。

白や赤などの肌と全然違う色のインナーを着ない限りは、透けるということはほぼありません。先に挙げたネイビーのVネックインナーなら完璧ですね!

まとめ これでもうワイシャツが怖くない!

まとめると、おすすめはベージュのVネック切りっぱなしインナー。ベージュを避けたい場合はネイビーの〃ということですね。

結局のところ、これらを着ても透けを完全に防ぐことはできませんが、ほぼ分からなくはできます。さあ、インナーを買いにいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました