ユニクロ・H&M・GUを徹底比較!ファストファッションを買うなら知っておくべきそれぞれの特徴とは!

ファストファッション

トレンド(流行)を取り入れたアイテムを安く大量販売する「ファストファッション」。

日本で一般的なファストファッションといえば、ユニクロ・H&M・GUの三つのブランド(GUは一応ユニクロと同じ系列のブランド)。あなたも今、このどれかのブランドの服を身につけていることでしょう!

これら三つのブランドは、皆「安い」ことを一番の売りにしていますが、実はそれぞれ特徴が大きく異なります。今後これらのブランドと賢く付き合っていくためには、この特徴は絶対知っておくべきです。

それではそれぞれのファストファッションの特徴を比較していきます。是非今後の参考にしてください!

ユニクロ・H&M・GUの特徴を徹底比較

比較は、便宜上それぞれの項目の順位形式で書いていきます。終わりにそれぞれの特徴をまとめます。

安さ

1位GU

2位ユニクロ

3位H&M

ここが一番気になるのではないでしょうか?一番安いのはズバリGUです。

ただしこれは、クオリティーに対する値段(コスパ)ではなく、商品の種類に対する安さのこと。例えば、素材やディテールには拘らないので、ただの「Tシャツ」が欲しい、「ジーンズ」が欲しいと思ったとき、一番安く買えるブランドがGU、ということです。

ユニクロとH&Mは同じくらいの安さですが、H&Mは値段が高い製品も多いので一応ユニクロを2位としました。

GU
ユニクロ
H&M

上の画像は、GU・ユニクロ・H&Mの普通のレギュラーサイズのジーンズの値段を比べたものです。GUがダントツで安いですね、しかもまとめ買いするとさらに値引きされます。ユニクロとH&Mは同じ値段。H&Mにはもっと安いジーンズも少しありますが、1万円近いジーンズも売られています。値段の幅が大きいです。

とにかく安く服が買いたい!という方はGU一択と言えます

コスパ(コストパフォーマンス)

1位ユニクロ

2位GU

3位H&M

さっきの「安さ」とこんがらがりそうですが笑、コスパとはつまり「クオリティー」に対する値段。「こんなにいい素材、いい作りなのに、安い!」ということです。

コスパではユニクロがトップです。ユニクロは使っている素材や作りの良さに対する値段が安い!ファストファッションは安さを追求するスタイルなので、低品質な素材を使ったり適当な作り・サイジングだったりしがちです。安そうな見た目だったり、すぐ色落ちしたり、破れやすかったりするのです。

ユニクロは安いのになんでこんなに品質がいいのでしょう…?詳しくは書きませんが、大量に同じ商品を作ったり自社工場を保有したりなどの努力をしているようです。

コスパを最も重視するなら、ユニクロ一択でしょう

ちなみにGUとH&Mのコスパには大きな違いがあるとは思いません。どちらかと言えばGUの方が上かな、位。

作りの良さ(クオリティー)

1位ユニクロ

2位H&M

3位GU

作りの良さ(クオリティー)とは、縫製の丁寧さ・素材の良さ・丈夫さ・色落ちのしにくさ等のことです。この項目でもユニクロがトップですね。

先ほど書いたように、本当にユニクロは作りがいい!作りが丁寧で素材も上質です。この前H&Mでリネンシャツを購入したのですが、ユニクロのリネンシャツの1.5倍くらいの値段がするにもかかわらず、クオリティーはユニクロの方が若干上でした笑。

GUは流石に安すぎるせいか、クオリティーはまあまあと言えます。特に女性なら、ぱっと見「安い」と判断できるでしょう。若者なら問題ありませんが、社会人にはあまり向かないと思います。

クオリティーが高い服が欲しい場合は、ユニクロを選ぶと良いでしょう

アイテムの種類

1位H&M

2位GU

3位ユニクロ

アイテムの豊富さではH&Mが圧倒的1位です。H&Mはとにかく商品・アイテムの種類が豊富!ユニクロやGUにはなくてH&Mにあるアイテムは非常に多いですが、その逆は非常に少ない、といった印象です。

GUはアイテムの種類はまあまあ、カラーバリエーションは豊富、といった印象。面白い柄が沢山あります。

ユニクロはアイテムの種類が少なく、カラーバリエーションも少ない。ベーシックなアイテムが大半です。この特徴も高コスパに貢献しているのでしょう。

自分の欲しいアイテムが一般的でない場合、H&Mで探してみましょう。大抵あります笑。

トレンド性

1位H&M

2位GU

3位ユニクロ

トレンドとは、「今流行っているアイテム・特徴」のことです。一番トレンドに乗れるのはH&M、僅差の2位がGU、といった印象。ユニクロも有名デザイナーとのコラボなどでトレンドを追いかけてはいますが、他の二つのブランドほどはトレンドを重視していないようです。

例えば最近はやっている「オーバーサイズ」の服。H&MやGUはいち早くオーバーサイズの服を大量に売り出しました。まさにファスト(速い)ファッションといった感じです。ユニクロは「大きすぎないオーバーサイズの服」をいくつか売り出しました。逆に挑戦しやすいとも言えます。

とにかく安くトレンドアイテムをゲットしたい場合はGU、ある程度クオリティーも求めいている場合はH&M、そこそこトレンドを取り入れたい場合はユニクロを選ぶと良いでしょう

インターネットサイトの使いやすさ

1位ユニクロ

2位GU

3位H&M

ネットショッピングがどんどん盛んになっている今日、インターネットサイトの使いやすさは重要です。買ってしまった後に、さっき気づかなかった、より良い商品を見つけてしまうことがありますからね(経験済み笑)。

1位はユニクロ。商品のカテゴリ、お気に入り、サイトのデザインなど、かなり見やすく使いやすいです。

H&MとGUのサイトは、ユニクロと比較するとちょっと使いづらい。見づらい。特に商品数が多いH&Mはもっと見やすくして欲しいです笑。外国の会社だから仕方ないのかな…。

インターネットが苦手でちゃんと商品を探せるか不安な方は、とりあえずユニクロのサイトを見てみましょう

セール

1位H&M

2位ユニクロ

3位GU

セールの頻度や規模、割引率を比較すると、一番はH&Mと言えるでしょう。ユニクロは僅差の2位、ほぼ同率です。

サイトを見ると、H&Mは頻繁に「購入商品から10%off・20%off」や「母の日だからwomanアイテム〜%off」などのセールを開催しています

ユニクロも常にいくつかの商品がセール中です。しかも本シーズン前にセールになるのが嬉しいところ。しかし人気アイテムはセールが来る前に売り切れることもしばしば。目当ての商品がセールになるまで待つか今買うか迷いどころです笑。「感謝祭」や「新年初売り」などの大型セールは、私はあまり重要視していません。目玉アイテム以外は、そのシーズン売れ残ったアイテムの在庫処理が大半です。

GUもセールをしてはいますが、元々が安いので個人的にはあまりありがたみを感じません笑。

セールで買わないと損した気になってしまう方は、ユニクロとH&Mのセール情報をチェックしましょう

まとめ

有名ファストファッションブランドの比較、いかがでしたでしょうか?

それぞれのブランドの特徴をわかりやすく書くと、

ユニクロはコスパが高い

H&Mは種類が豊富

GUは安い

といった具合です。

私はコスパ大好き人間なので、欲しいアイテムができたらまずはユニクロをチェック、なければH&Mで探すスタイルです笑。10代以下の若い人の場合は、アイテムのクオリティーが重要ではない上サイズが変わりやすいので、とにかく安いGUをおすすめします。

あなたはどう使い分けますか?

本ブログの「ファストファッション」カテゴリには、賢いファストファッションの使い方や商品を使用した感想などの記事を掲載しているので、ぜひそちらもご覧ください!

コメント

  1. Hi, this is a comment.
    To get started with moderating, editing, and deleting comments, please visit the Comments screen in the dashboard.
    Commenter avatars come from Gravatar.

タイトルとURLをコピーしました